ニュージーランドの恋愛事情?!ぶっちゃけ海外で恋人はできるのか。




自分の趣味の合う相手と会うためには行動が大事

いつかは自給自足の生活をしたい!naokoamigoです。

自分の探し求める相手と出会うのは大変

好きな事をするとき、一緒に楽しめる人がいると嬉しいですよね?

私は、自分が知らない事を教えてくれる人がいると、心強く感じます。

でも、自分の探し求める相手はそんなに簡単には見つかりませんよね

私は、ニュージーランドに住んでいるとき、狩りに行く人を探すために、マッチングサイトに登録しました。

趣味や、ライフワークにしている事は人それぞれ。自分の価値観を分かち合える人をピンポイントで探すには、マッチングサイトを利用してみるのも一つの方法です。日常の生活では会わないような人に出会えることもあります!

自分の体験を元にした、ニュージーランドでの出会いの話を紹介します。

共感してくれる人、夢を叶えてくれる人は、なかなかいない・・・

私は、自分の食べる物は、なるべく自分で収穫したい、という考えを持って、生きています。

いつも食べている肉がどうやって食べ物になったのかを知るため、ジビエもできるようになりたい、と思っていましたが、実現したことはありませんでした。

ニュージーランドでは狩りが普及しており、狩りを趣味にする人は、週末のアクティビティとして、猟に向かいます。自分もトレッキングに行った時、銃を抱えて、イノシシや鹿を担いであるく、迷彩服の男達と遭遇したことがありました。

レストランで働いていた時のボスや、友達の兄貴、知り合いのおじさんなど、狩りをする人は身近にいました。

しかし、『狩りに連れてって』と、頼んでも『また今度な!』とか、『こんど頼んでおいてあげる』とか、言い訳をつけていつも断られていました。男のロマンなのか、自分たちだけで楽しみたいのか、話をはぐらかされて、誰も狩りに連れて行ってはくれませんでした、、、。

狩りが趣味の地元の人に出会うには?

 

そこで自分が考えたのは、出会い系で、狩りが趣味な人に出会うこと。
バックパッカーに住んでいたので、世界中の色んな国の人と暮らしていましたが、狩りに行くには、狩猟免許を持った『地元のハンター☆』に出会わなければいけませんでした。

そこで、全世界で普及している出会い系サイト、tinderに登録しました。
tinderでは、自分が住んでいる地域から、どのくらいの範囲の人と出会いたいのか?を設定して検索することができます。

条件検索に、さすがに『狩りが趣味』という項目はなかったので、プロフィール写真が、『仕留めた獲物と映っている人』を探すことにしました。

そんな人いるのか?!と思うかもしれませんが、実際に、結構いるのです!自分が仕留めた獲物がよっぽど嬉しいのか、誇らしいのか、獲物との写真をプロフィールにしている人は、結構いました。

探し求めた人に振り向いてもらうのは、至難のワザ

そして、目的ははっきりしていたので、ターゲットを見つけたら、単刀直入に『狩りに連れてってくれませんか?』という、メッセージを送りました。しかし、突然『狩りに連れて行け』という変な日本人を、誰も相手にはしてくれませんでした。

現実世界で条件の合う相手と合うのは大変!マッチングサイトでターゲットをしぼろう

好奇心旺盛な、アウトドア好きラトビア人との出会い

『猟りを趣味にする人』との出会いに失敗した自分は、『せっかくだから、一緒に遊びにいける、アウトドア好きな人を探そう。』と思い、趣味の合いそうなプロフィールの人を探し始めました。

そして、旅が好きそうな、アウトドアの格好をした写真の男性を見つけました。
なぜその人が印象的だったかというと、時代遅れな、プロフィールがおもしろくて、印象的だったからです。
『あなたのために、空の星を取ってきてあげます、、、☆』と、いうようなことを書いていて、本気なのか?と、冗談半分でメッセージを送りました。

DIYとキャンプと山登りにも興味のある

そして、時代遅れなプロフィールを書く相手と会うことになりました。
初対面の相手が考えたプランは、『近くの海でサーフィンの練習をしよう。』というものでした。

自分もサーフィンにを習ってみたかったので、ウェットスーツを友達から借りて、サーフィンに行きました。
自分も人のことは言えませんが、『最初から、サーフィンにいこうだなんて、どんな変わり者だろう?変わった人だなあ。』という印象を持ちました。

実際会ってみた所、サーフィンもちゃんと教えてくれたし、趣味も合うし、とても好感の持てる青年でした。

ラトビアという、東ヨーロッパの国の出身で、ボートを修理したり、農場の器具を作ったりするエンジニアの仕事をしている人でした。

趣味の合う相手と、アウトドアへ

naokoamigo!さん(@naokoamigo1)がシェアした投稿

サーフィンの指導もしてもらい、すっかり打ち解けることができました。

エンジニアの彼は、ハイエースを改造して、ロードトリップするための、キャンピングカー改造もしていました。
DIYに興味のある自分は、いつか自分もキャンピングカーを持ちたい!と思っているので、手伝いも行きました。
ニュージーランドでは火山がたくさんあり、温泉もわいている山へ、トレッキングしにいったりもしました。
ラトビア人の彼は、パラグライダーを趣味にしていたので、飛び立つ所を見に行ったりもしました。
空を飛ぶことは、天候、風向き、気温、雲の流れなど、色々なことを考慮しなくてはならないそうです。
自分が知らない、『空を飛ぶ世界』を知ることができ、自分もいつかは自分一人で飛んでみたい、という夢もできました。

スポンサードサーチ

恋人にならなくても、趣味の合う相手が見つかる!

趣味も合うし、気もあうし、恋人にならなかったのか?と思われると思いますが、実際は男兄弟のような、何でも話せる友達になっていきました。

お互い、自分の国を離れて感じることや、これからのこと、どんな風に生きていきたいか?など、いろいろと深い話もするようになりました。
今でもラトビア人の彼とはいい友達です。

知らなかった国や趣味について学べた

彼に会うことで、今まで何も知らなかったラトビアという国について知れました。
エンジニアや、DIY、パラグライダーの世界など、新しい人との出会いは、今まで知らなかった新しい世界を見せてくれます。
自分の夢の一つは、『ヨーロッパ中を車で周り、山に登りながらロードトリップすること』です。彼に打ち明けた所、いろいろとアドバイスをもらい、ただの妄想だった夢を、現実的に実現する方法が見えてきました。

自分が行動しなければ、知り合うことはできなかった

出会い系サイトに登録するなんて、なんだか怖いような、不安な気がしていました。
でも、自分の興味のあることや、価値観の合う人が、身近にいるとは限りません。

必ずぴったりの人に出会えるかどうかはわかりませんが、出会い系で、共通の興味がある仲間に出会うことや、恋人を捜すことは、ありだと思います。自分に会うか合わないかは、やってみてから判断しても遅くはないと思います。

そして、もし自分の理想とする相手や、仲間ができたなら、人生をより豊かにすることができます。

自分の友達でも、出会い系で出会って、結婚までたどり着いた人もいます。

かけがえのない、仲間や、一生を共にするパートナーができるかもしれません。

【参考リンク】 恋活の始め方

naokoamigo
※『狩猟に行く』という夢は、まだ叶っていないので、『よし、一緒に連れてったやる!』という心意気の方がいらっしゃいましたら、ご連絡お待ちしております。

The following two tabs change content below.

naokoamigo33

キャンプとアウトドア好きな料理人。 キャンプしながら、世界中の食材を・採・食・料理します。 今年は、日本全国、海外を周って、寿司と、お好み焼きのイベントをします。 webライター/ 世界渡航30カ国 /心も身体も健康なリトリートを開きたい。 一緒に面白い事をやる人募集中。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

キャンプとアウトドア好きな料理人。 キャンプしながら、世界中の食材を・採・食・料理します。 今年は、日本全国、海外を周って、寿司と、お好み焼きのイベントをします。 webライター/ 世界渡航30カ国 /心も身体も健康なリトリートを開きたい。 一緒に面白い事をやる人募集中。