オーストラリアのオーガニックファームステイで学んだ人生で大事な事




583090339107540358

オーガニックブルーベリーをサンデーマーケットのためにラッピング中

3月の一週間念願だったファームステイをオーストラリアでやりました。
自分は、きのこでも、わかめでも、果物でも、食べ物を取る事に幸せや生き甲斐を感じます。
メインの仕事は、今が旬のブルーベリー収穫でした。
自給自足の生活をしている人の元で、そういった生活を体験して学ばせてもらいたい!と長年思っておりましたので、夢がかないました!
ちなみに、乳搾りを手でする、という人生でやりたかったこともさっきかないました。嬉しかったです。
場所はタスマニアという北海道をこぶりにしたような、オーストラリア大陸の右下にあるハート形の島です。
一週間生活してみて、最初に心に思い浮かぶ事は、”豊かな幸せ”です。

オーストラリアのオーガニックファームステイで感じた幸せとは

オーガニックファームで育ったオーストラリアの安全なカラフルな野菜たち

私に取って幸せは、食べ物を取る事。
野菜の宝石箱や!と言いたくなるような八百屋さんばりに無農薬で種類の豊富な畑がありました。

感動したので、野菜の種類を挙げます。

人参、さやいんげん、とうもろこし、トマト、バジル、コリアンダー、しそ、ねぎ、タマネギ、赤タマネギ、かぼちゃ、きいろいかぼちゃ、ズッキーニ、ビートルート、きゅうり、サラダ、シルバービート、レッドシルバービート、スイカ、なし(幸水、洋梨、りんごの種類多数(あかね、フジ、lady in snow、)大根、レモン、みかん etc…
夕飯何をつくろうか、って畑を歩きながら考えるのが幸せ時間でした。思いついたらそのまま収穫できて、本当にありがたや。
オーナーのティムさんに怒られたこともありました。
最初は、オーナーと接する距離がわからなかったり、やり方がわからなくて、戸惑った時もありました。
でも、ティムさんを知っていくうちに、タスマニアの事、環境問題、農業の事、たくさんの事を学ばしてもらいました。無農薬の野菜の農作業や、料理をしたり、食卓を一緒に囲んでいくうちに今では、がんこおやじの機嫌も取れるようになりなかよくやってます。
 
野菜の味も濃くて、色もカラフルで、とってもおいしい。スーパーの野菜の味とは比べ物になりません。
おじさんが長年手間かけてコンポストから作った土と、タスマニアの綺麗な空気と太陽と水が美味しくさせるんだと思います。

作り手の見える安全でおいしい食べ物

チーズ、牛乳、パン、豆腐、ジャム、トマトソース、食べているものほとんどが手作りで、たまげました。
鹿ソーセージ、ブルーベリーマフィン、乾燥フルーツなど、近所の人が作っていたり、ブルーベリーと交換したり、おいしかったと行ってくれた人から循環でまわってくるみたいです。
安全でおいしい食べ物をたべると、体の消化もよくなり、便通がすごくよくなり、一日に何回もうんこがでるようになしました。体は正直で、変化にとてもびっくりしました。
農場の牛や犬のジェイクも、いい感じにふっくらしており、 毛並みがすごくよく、みるからに 、『ああ健康な動物なんだな。』とわかります。

広大なオーガニックファーム内を散歩できる。

25年前に購入したという広大な敷地は、オーストラリア原産の植物が自生する森もあり、散歩できます。
歩いていると、ワラビーやポッサムというオーストラリアの動物達に会えるかもしれない。わくわくします。
森の散歩道がある農場なんて素敵すぎますし、歩いている時は心穏やかな気分になれます。

タスマニアの山並みが美しい

ここは、タスマニアの北部に位置し、クレイドルマウンテンという、タスマニアで一番有名な山岳地帯にも1時間ほどで行けます。周りは酪農農場が広がり、のどかな風景に癒されます。
近所にはmum trackというあまり知られてないけれど登ると辺り一体を見渡せる山にも登れます。
近所に本格的なトレッキングコースがあるなんて、山好きに取っては最高です。
なにもしなくても、ここにいるだけでしあわせなきぶんになれてしまう。
そんな家、すてきすぎる。
こんな理想的な生活、いつかは実現したい。
でも、良い事ばかりではありません。

オーガニックファームステイ経営者のティムさんの苦労とは

現金収入はブルーベリー収穫の3ヶ月のみ

  • 無農薬でやっているため、ブルーベリーに害虫がついてしまし、全体をおおうネットを購入しなければならず、出費がかさんだ
  • 牛の餌代、犬、肥料、家のメンテナンス、時間とお金がかかることがたくさんある
  • 生き物を飼っているので、長期の休暇をとって、大好きな日本へ行くのがなかなか難しい
など、農家ならでわの悩みや苦労も絶えないようです。
自分で苦労して作った作物は、本当に美味しいし、それを人が食べて喜んでくれたときの喜びはひとしおでしょう!
自分も短期間ですが、ブルーベリーの収穫をしまして、そのたわわにみのったブルーベリーを誰かが食べてくれると思うと、愛着がわきました。
自分は、現在旅をしているため、そしてまだしばらく定住しそうもないです。
すぐに農家になるぞ!とはいえませんし、そんな簡単な事ではない、と体験を通して思いました。
ティムさんの農場を出れば、元の生活にもどり、普通にお店に売られたどうやって作られたか、何が含まれているのかわからない食べ物を買う生活に戻るんだと思います。
でも、本当に体に良い食べ物とは?
本当に豊かな生活とは?
を、身を持って感じてどんな風に生きていきたいかを考えるきっかけになりました。
それでは!
The following two tabs change content below.

naokoamigo33

キャンプとアウトドア好きな料理人。 キャンプしながら、世界中の食材を・採・食・料理します。 今年は、日本全国、海外を周って、寿司と、お好み焼きのイベントをします。 webライター/ 世界渡航30カ国 /心も身体も健康なリトリートを開きたい。 一緒に面白い事をやる人募集中。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

キャンプとアウトドア好きな料理人。 キャンプしながら、世界中の食材を・採・食・料理します。 今年は、日本全国、海外を周って、寿司と、お好み焼きのイベントをします。 webライター/ 世界渡航30カ国 /心も身体も健康なリトリートを開きたい。 一緒に面白い事をやる人募集中。