ニュージーランドのトランピングとすばらしすぎる山小屋事情




ニュージーランドの大自然を肌で感じるには、トランピングが最高!

trampingという言葉は、おそらくニュージーランドでしか使われていない、トレッキングとハイキングを合わせたような言葉。もう、ニュージーランドに来て5ヶ月もたちますが、このトランピングについて最初に語りたい。

日本の登山とは違い、ピークハントというよりは、ゆるやかなロングトレイルを景色を見ながら楽しむというのがニュージーランド流。体力によって短いコースや、本格的に時間のかかるコースまで、本当にたくさんのトランピングコースが用意されている。

ニュージーランドの登山は縁の下の力持ちDOC様のおかげで成り立っている

IMG_1445

ABELTASMAN COAST TRACKのはじまりの場所。記念すべき初めてのニュージーランドトランピング。

20161126ルートバーン_6948

ABEL TASMANCOAST TRACKにある海の前の山小屋。

ほぼ全ての山小屋がDepart Of conservation という機関によって管理され、値段も小屋の種類によって異なる。本当にすばらしい機関で、動物保護や絶滅危惧種の保全、トレッキングルートの整備、山小屋管理と多岐に渡り、感謝の念しかない。ニュージーランドのトランピングはDOCなしには語れない。各地の町にいけば必ずDOCのビジターセンターがあり、日程や体力に合わせた登山コースを案内してくれる。

天気情報や地図も販売してくれる、地図はDOCのウェブサイトで無料でダウンロードもできる。DOCさん、ありがとう!

トレッキングコースには、設備によって3種類に分けられた山小屋が整備されている。自分も、ニュージーランドの山小屋がすばらしすぎてキャンプを最近していません!

頻繁に山登りに行く人のためにBACK COUTNTRY HUT PASS(バックカントリーハットパス)という山小屋泊用のフリーパスがあります。
一年間有効で、122$でニュージーランド中の山小屋に泊まり放題。8回SERVICE HUTに泊まったら元が取れる計算。

 

<strong>バックカントリーハットパスのいいところ</strong>
  • 山登りに行く前にいちいちDOCに行って、ハットパスを購入しなくてもよい!(オンラインで変えないので、DOCが開いている時間帯に買いにいかなければならない。)
  • 一年中ニュージーランド中のほとんどの山小屋に泊まり放題!
  • ハイシーズン終了後は、グレイトウォークの小屋でもバックカントリーハットパスが使える!

グレイトウォークとは、ニュージーランドにある9つの有名なトレッキングコースで北島に3つ、南島に6つ存在します。

世界一美しいトラックと呼ばれる、有名なミルフォードサウンドトラックもグレイトウォークの一つ。予約開始から瞬殺でシーズン全ての予約が埋まるそうで

ハイシーズンのグレイトウォークの山小屋は特別料金($22 – $54 per night)

が設定されており、入山者数に限りがあるため山小屋サイトもキャンプサイトも予約必須。

ただし、DOC以外の機関によって管理されている小屋や、例外の小屋では使用することができませんので事前の確認が必要。

 

世界中の登山愛好者と出会えるニュージーランドの山小屋

バックカントリーハットパスのいいところは、何と言っても山小屋で出会う世界中の人たちとの交流が楽しい。同じ日に同じルートを辿ってきた登山者とのコミュニケーションは貴重な体験ができること。

ニュージーランドの山小屋にはどこも登山者の記録を綴ったログブックがおいてある。暖炉を囲みながら先人達が残した記録を読み返すのも実に素敵な時間だった。

The following two tabs change content below.

naokoamigo33

キャンプとアウトドア好きな料理人。 キャンプしながら、世界中の食材を・採・食・料理します。 今年は、日本全国、海外を周って、寿司と、お好み焼きのイベントをします。 webライター/ 世界渡航30カ国 /心も身体も健康なリトリートを開きたい。 一緒に面白い事をやる人募集中。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

キャンプとアウトドア好きな料理人。 キャンプしながら、世界中の食材を・採・食・料理します。 今年は、日本全国、海外を周って、寿司と、お好み焼きのイベントをします。 webライター/ 世界渡航30カ国 /心も身体も健康なリトリートを開きたい。 一緒に面白い事をやる人募集中。